健康のために始めるスポーツ【ウォーキング】

ウォーキングをしている人々

気軽に健康のために始めることができる運動で、思いつくのはウォーキングでしょう。
老若男女問わずに誰でも始めやすい運動であり、脂肪燃焼効果があるので健康とダイエット目的にオススメです。有酸素運動としてもウォーキングは人気が高く、お金を掛けずに思い立ったその日から始めることが可能なのも魅力です。

健康を意識して継続する場合、ダラダラと散歩感覚で歩いては意味がありません。
両手を大きく上下に揺らし、足をしっかりと上げて歩くことが大切です。普通に歩くだけでも有酸素運動の効果はありますが、両手と両足を意識して歩く方が脂肪燃焼の効果は高まります。

ウォーキングを続けることで、本当に健康面で効果が出るのか信用できない人もいるでしょう。
週に2回もしくは3回、30分以上歩くことで、血流の改善やストレス解消、基礎代謝が上がると同時に生活習慣病の予防にもつながります。
血流の改善が促進されれば今まで冷え性に悩んでいた方は解消されますし、基礎代謝が上がることで運動をしていない時間でも体のカロリー消費が多くなり、痩せやすい体質へと変化します。

早朝や帰宅後の夜など、時間を問わずに気軽にできるウォーキングですが、継続していくと身体の軽さを感じるようになります。実際に効果を実感することで楽しくなり続けやすくなり、健康のために休日にも歩きに行きたくなるかもしれません。
全国各地にウォーキングコースがあり、イベントも多く開催されています。普段とは違う景色を楽しみながら歩くのも楽しみが増えてオススメです。

体に負担を掛けずにウォーキングを行いたい方にはノルディック・ウォークという方法もあります。一般的なウォーキングとは違い、ストックを両手に持って歩く方法です。
ストックは身体を支えてくれる効果があるので、体重を落としたい方や、健康を意識して歩きたい高齢者に向いています。ストックという支えがあっても、きちんと両手と両足を動かせるので、有酸素運動としての効果、脂肪燃焼効果が期待できます。
初めてノルディック・ウォークをする場合は、自分でストックを用意する必要がありますが、体験会やイベントも行われているので、まずは気軽に参加をしてみるのもよいでしょう。

ただし、どちらのウォーキング方法も継続をしなければ健康への効果は得られません。コツコツと続ける意志の強さも重要です。自分に合っている健康法かは人それぞれなので、気軽に家の近所を歩くことから始めてみるのがよいでしょう。