ジム通いを始めるのにはどれくらい費用がかかる?

スポーツジムに通う場合、気になるのは月々にかかる費用でしょう。
大手のジムの場合、会費に月々1万円前後かかることがあります。この料金を聞いて高いと感じる方、ちょうど良いと感じる方など様々でしょう。大手の場合は料金が1万円と少々高額でありますが、設備が整えられているのも理由の一つです。

大手のスポーツジムではランニングマシーンに最新の物を導入していたり、汗を流せるシャワールームとは別にお風呂などの施設も用意されています。温泉に来たような広々とした空間のお風呂に入れるのも、大手だからこその特権です。

では、他のスポーツジムはどうなのかを解説すると、会費の幅は大きく上下します。
安い土地や狭いジム、シャワールームの完備がないような所は月額5000円未満で利用できるところもあります。また、お風呂などの施設も整いながら6000円前後で利用できるジムもあります。

大手とは何が違うのかというと、料金体系です。
会員と非会員の料金の違い、午前のみや午後だけのプラン、回数券や都度払いを行うなど多種多様です。ヨガ教室やプールのみの会員になっている人と、全部のプランを利用できるように契約をしている人では会費に大きな差が出るでしょう。

この場合、通うと決める際に大事なポイントを整理して、自分に合うジムを選ぶ必要があります。
まずは自分がジムで何を行いたいのか考えてみましょう。ランニングマシーンの活用、プール、ヨガ、フィットネスがあります。安い料金に執着してしまうと、自分が行いたいスポーツができない可能性があるため、気になるポイントをピックアップしておくとよいでしょう。

自宅から通いやすい点も大切です。大手であれば各地に店舗を構えていて、交通に便利な場所にあります。安価な所は少し遠い場所に店舗があり、ジムに足を運ぶのが大変な場合もあるでしょう。

会費は安ければ都度払いで500円程度から利用することができて、高ければ1万円前後です。運動後に汗を流す場所がなく汗まみれで帰宅するのか、お風呂でリフレッシュしてからゆっくり帰るのかで、料金の違いを比較検討してみるのもよいでしょう。

特に毎日仕事帰りに通うつもりがあれば、1万円という価格は都度払いで一か月足を運ぶよりも安い金額で済むと考えられます。
人にとって、会費やプラン、利便性など、何を重視するかで費用面の妥協ポイントが変わります。会費は定額なので、それ以上に何かがプラスされることはありません。